≫次のページ

日本経済の成長を妨げるのはデフレではなく「隠れた物価上昇」だ - 経済分析の哲人が斬る!市場トピックの深層
長くデフレが問題視されてきたが、消費者は企業が販売価格は変えないで量を減らしたり質を落としたりする「見えない値上げ」を感じている。これが広がれば成長を妨げる恐れがある。 

(2019-01-23)

グーグルとフェイスブック、18年米ロビー活動費が過去最高に
[サンフランシスコ 22日 ロイター] - 米アルファベット<GOOGL.O>傘下のグーグルは22日、2018年の米政府に対するロビー活動への支出が同社として過去最高の2120万ドルに上ったことを明らかにした。当局が同社の幅広い事業慣行に監視の目を光らせるなか、対応費が膨らんだ。これまでの過去最高は12年の1822万ドルだった。 

(2019-01-23)

データ分析で大事なのは「とにかくシンプルに」! メルカリ流Data Analytics実践のススメ
メルカリのCRM戦略をどのように成長させてきたのか? データアナリストの樫田氏が語った。 

(2019-01-23)

世知辛いのじゃ。MicrosoftのAIアシスタント、生き残るために路線変更
Image:dennizn/Shutterstock.comデジタル(AI)アシスタントと言って最初に思い浮かぶのはなんですか?AppleのSiri?AmazonのAlexa?それともGoogleのいつまでたっても名前がないGoogleアシスタント?この3つがトップ3で、正直、Microsoft(マイクロソフト)のCortanaを真っ先に挙げる人がいたら、珍しいなと思います。その思いはMicros 

(2019-01-22)

ファミマ、成人向け雑誌の販売を8月末で中止へ 一時は否定も競合に追随 (ITmedia ビジネスオンライン)
8月末をもって、全国のファミリーマートで成人向け雑誌の販売が中止となる。女性や子どもに安心して買い物をしてもらうためという。セブン-イレブンとローソンも8月末までに成人向け雑誌の取り扱いをやめると発表... 

(2019-01-22)

メルカリのスマホ決済「メルペイ」開始迫る? 売上金が移管 (Engadget 日本版)
メルカリは2月1日より、フリマアプリの売上金を子会社の「メルペイ」に移管します。 決済サービス事業に関する権利義務等の一部を、2月1日付けで完全子会社であるメルペイが吸収分割により継承するとのこと。これ... 

(2019-01-22)

アマゾン、ついにPrimeの米国会員が1億人を突破 米国では年会費が1万3000円も、会員数は増加の一途
少ない注文金額でも配送料が無料になったり、急ぎ便サービスも無料で利用できたり、さまざまなデジタルコンテンツが利用し放題になるアマゾンの会員制プログラム「Prime」。日本でも利用者が増えているようだが、米国では、その数が、ついに1億人の大台を突破したようだ。 

(2019-01-22)

アマゾン、ブラジルで直販開始へ
[サンパウロ 22日 ロイター] - 米アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>は、ブラジルで直販を開始することを明らかにした。社内で物流を手掛ける。同社は以前から、ブラジルでの直販開始を目指してきたが、物流や税制上の問題で参入が遅れていた。 

(2019-01-22)

利用伸び率「ZOZOTOWN」、購入促進影響力「LINE」、10代利用率「アマゾン」がそれぞれトップとの結果
「Eコマース&アプリコマース月次定点調査 2018年総集編」が公開された。 ジャストシステムが運営する「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」では、… 

(2019-01-22)

佐渡島 庸平(コルク代表)のコラム:永遠にヒットが狙える、サラリーマン経験者によるサラリーマン漫画【大きな時代の流れを読む(3)】 (corkbooks.com)
お題 #なんでも掲示板 佐渡島 庸平(コルク代表)さんのコラム:永遠にヒットが狙える、サラリーマン経験者によるサラリーマン漫画【大きな時代の流れを読む(3)】 です。 

(2019-01-22)

リンガーハット、値上げでも大幅減益の理由(東洋経済オンライン) (Yahoo!ニュース)
人気の飲食チェーンが収益性を改善できずに足踏みしている――。 長崎ちゃんぽんの店を - Yahoo!ニュース(東洋経済オンライン) 

(2019-01-22)

日本初、人力車「えびす屋」QRコード・キャッシュレス決済導入へ (BITDAYS(ビットデイズ)- キャッシュレス・フィンテックの総合サイト。仮想通貨やスマホ決済の最新情報を発信)
インバウンド観光客に特化した飲食・旅行の「広告・予約・購入・決済」のオンラインサービス『日本美食(ニホンビショク )』を運営する日本美食株式会社は、観光人力車を運営する「えびす屋」に業界初となるマル... 

(2019-01-22)

【真相】エムスリーが明かす、「僕らがLINEと組む理由」
メッセージアプリの巨人LINEと、医療従事者向けの専門サイトを運営するエムスリーがタッグを組んで始める、オンライン医療事業「LINEヘルスケア」。前編では、LINE執行役員でLINEヘルスケアの... 

(2019-01-22)

ZOZO株が大幅下落、出店停止企業相次ぐとの報道で
[東京 22日 ロイター] - 東京株式市場で22日、ZOZO<3092.T>株が前日比144円安と6%を超える大幅下落となった。衣料品通販サイト「ゾゾタウン」への出店を停止する企業が相次いでいると日本経済新聞(電子版)が22日報じた。 

(2019-01-22)

まずは勉強会! 縦割り部門の連携強化に大切なこととは?/【漫画】会社横断で成果を出す! ヤマハのWeb統括プロジェクト物語/第2話
ヤマハのデジタルマーケター前田は、Web統括の第1歩として、部門横断でネット広告運用をとりまとめるプロジェクトを発足させた。 

(2019-01-22)

アマゾンがスマートハウスで狙う消費者の生活まるごと囲い込み戦略 - News&Analysis
「アマゾンの家」をご存じだろうか。米アマゾン・ドット・コムが家を売るわけではなく、アマゾンが住宅内の“ソフト”部分を構築するスマートハウスのこと。音声AI(人工知能)アシスタントを中核に、家電や住宅設備を制御したりするなど便利に生活をサポートしてくれる。 

(2019-01-22)

ネット広告でアマゾンが「一人勝ち」になる理由
ある町の理学療法クリニックが患者の数を増やしたいと思ったら、最近アマゾンで膝用サポーターを購入したユーザーを、近隣住民の中から見つけて広告を打てばいい。老後の資産運用サポートを売り込みたい金融サ... 

(2019-01-22)

検索順位とブランド価値を上げるためのSEO――検索結果を「変えて」みよう【前編】
ブランドにとってプラス効果のある「評判管理」に特化したSEOとは? 実例をもとに解説! 

(2019-01-21)

今のテクノロジーは“序章”に過ぎない。無人レジが教えてくれるAIありきのライフスタイル
Amazon Goを筆頭に、Standard Marketなど、数々の無人レジがオープンしている。国内でも同様に、JR赤羽駅や九州工業大にAI無人店舗が設置され実証実験が開始されるなど、無人レジ化の動きが活発だ。 既存のテクノロジーがAIでアップデートされることで、我々のライフスタイルはどのような変化を遂げる 

(2019-01-21)

18年コンビニ売上高、過去最高 総菜など「中食」が好調維持 (共同通信)
18年コンビニ売上高、過去最高 日本フランチャイズチェーン協会が21日発表した2018年の主要コンビニの全店売上高は前年比2.9%増の10兆9646億円で、比較可能な統計のある05年以降13年連続で過去最高を更新した。... 

(2019-01-21)

マック、レジに並ばずスマホ決済 沖縄で先行開始 (共同通信)
マック、レジに並ばずスマホ決済 日本マクドナルドは21日、レジに並ばずにスマートフォンの専用アプリで注文、決済して商品を受け取ることができるサービスを、沖縄県内の大部分に当たる38店舗で先行開始した。今... 

(2019-01-21)

野菜のように、顔の見える生産者から電気を買う「みんな電力」が11.8億円調達
「顔の見える電力プラットフォーム」を提供するみんな電力は1月21日、シリーズBラウンドにおいてTBSイノベーション・パートナーズ、SBIインベストメント、TOKAIホールディングス、セガサミーホールディングス、丸井グループ、電通から11億8000万円を調達したと発表した。 みんな電力は電力小売業を営むスタートアップ。でも、普通の電力小売とはちょっと違う方法で電気を販売している。最近、道の駅や... 

(2019-01-21)

消費増税前に「買っておくべきもの」「買わなくていいもの」
2019年10月に予定されている消費税率の10%引き上げ。過去の増税ではまとめ買いで失敗したり、買わずに後悔したりという経験をした人もいるかもしれない。増税まで1年を切った今、FPサテライト株式会社 代表取締役のファイナンシャル・プランナー町田萌氏に、買っておくべきもの、買わなくてもいいものを教えてもらった。 

(2019-01-21)

無人コンビニのAmazon Go、1店舗あたり売上はコンビニの何倍?
Q. 無人コンビニのAmazon Go、1店舗あたり売上はコンビニの何倍? A. 約1.5倍。アメリカのコンビニの1店舗あたりの売上は$1M(約1億円)、Amazon Goは$1.5M(約1.5億円)です。 今日の記事では、Amazonが実験中の無人コンビニ「Amazon Go」を取り上げてみたいと思います。 ご存知の方も多いかもしれませんが、Amazon Goというのは、Amazonが展開... 

(2019-01-21)

アマゾンに勝る仕組み持つ中国EC企業の存在
インターネット通販市場において、全世界で圧倒的な規模を誇るアマゾン。書籍を手始めに、家電、玩具などEC(ネット通販)で取り扱う領域を次々と広げ、アメリカの書店や家電量販店などを駆逐していった。「生鮮食… 

(2019-01-21)

「PayPay」のカード決済は本人認証で上限25万円、3Dセキュア対応で上限金額を変更
QRコード決済サービス「PayPay(ペイペイ)」は1月21日、本人認証サービス(3Dセキュア)に対応、本人認証されたクレジットカード決済の上限金額を過去30日間で25万円に設定した 

(2019-01-21)

“差別化”からの脱却。“区別化”させる マーケティング戦略 —— CLAS代表 久保裕丈
近い将来、私たちが日々利用する机やイスといった家具は、購入するものではなく月額数百円で“借りる”ことが当たり前となる世界が来るかもしれない。 Amazonプライム・ビデオで話題となった恋愛リアリテ… 

(2019-01-21)

楽天の総合物流サービス「楽天スーパーロジスティクス」で新センター2拠点(流山・枚方)が稼働
これまで稼働していた千葉県市川市と兵庫県川西市のセンターと合わせて4拠点体制となる 

(2019-01-21)

車相乗り 地方100カ所で 三井物産、必要時にタクシー手配 (日本経済新聞)
 

(2019-01-21)

ASEANスタートアップに聞く(5)EC商品向けのパッキング・配送サービスで付加価値を(タイ)
電子商取引(EC)に出店している小売店の在庫を自社倉庫に保管し、注文を受けた商品に独自のパッキングを施すことで付加価値を高め、最終消費者まで配送するサービス「マイクラウド・フルフィルメント」。同サービスを展開するイーエンパワーメント社にインタビューした。 

(2019-01-20)

公取委、巨大IT実態調査へ…通販・アプリ販売
公正取引委員会は近く、巨大IT企業の取引に関する大規模な実態調査に乗り出す。まず不公正な取引慣行が常態化しているとされるインターネット通販と、スマートフォンのアプリ販売の調査に着手する見通しだ。4月をメドに取引実態の調査結果を公表する。 

(2019-01-20)

「ロックスター」は採用しない ── グーグルのディレクターが求める人材とは (Business Insider Japan)
・リリアン・リンコン氏はグーグル・アシスタントのプロダクト・マネジメント・ディレクター。約150人のグローバル・チームをマネジメントしている。 ・同氏は採用の際、「ロックスター」のような人材は求めない... 

(2019-01-19)

モバイル決済、アクティブユーザーが1,157万人に モバイル端末向け指紋センサー市場も拡大続く (MONEYzine)
モバイルキャッシュレス決済市場が拡大しており、2021年度末にはアクティブユーザーが1,953万人に達すると予想されている。 

(2019-01-19)

"テクノロジー×実店舗"の次世代型ショールームになるか。『蔦屋家電+』が2019年4月オープン
CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)グループの株式会社蔦屋家電エンタープライズが、最先端のテクノロジーと融合した次世代型のショールームを『二子玉川 蔦屋家電』内にオープンする。 この『蔦屋家電+(ツタヤカデンプラス)』では、AIカメラのシステムによって消費者の画像と行動パターンを分析。そこから作成したデータに基づき、消費者と創り手の双方に価値を生み出すマーケティングを実現していくそうだ。 

(2019-01-19)

アマゾン、時価総額ナンバー1で『GAFA』企業にも異変(後編)(神田敏晶)
時価総額ナンバー1となったamazon 16%もの株主を保有するジェフ・ベゾス氏(55)は世界でナンバー1の富豪ともなった…しかし私生活では、25年連れそったマッケンジー夫人との離婚の報道が流れた… 

(2019-01-19)

アマゾン、時価総額ナンバー1で『GAFA』企業にも異変?(前編)(神田敏晶)
2019年1月9日、amazonがついに時価総額で世界ナンバー1の座に君臨した。Apple Shockで株価の市場は大きく変化しつつある。12年前の今日『iPhone』が世界に発表された日でもあった。 

(2019-01-19)

ゾゾタウンから有名アパレルが一斉に逃げ出す兆候…ゾゾに出品する必要性低下か
「ゾゾタウン HP」より  昨年末、アパレル大手のオンワードホールディングスが衣料品通販サイト「ゾゾタウン」への衣料品の出品を停止したことが話題になった。日本経済新聞によると、サイト運営会社のZOZ... 

(2019-01-19)

止まらない“ZOZO離れ”…「ARIGATO」サービス原因か 「あまりにもビジネスの方向性合致しない」有名アパレル役員激白
オンワードにミキハウス…。インターネット衣料品通販ZOZOTOWN(ゾゾタウン)から有名ブランドが続々と退く姿勢をみせている。同様に撤退を決めた有名アパレルブラ… 

(2019-01-19)

アマゾン、NYにレジなし食品店 クライスラービル内に
アマゾン、NYにレジなし食品店 【ニューヨーク共同】米インターネット通販大手アマゾン・コムが、ニューヨーク・マンハッタンの摩天楼を代表する名所、クライスラービル内にレジをなくした食品店「アマゾン・ゴー」を開店する見通しになったことが... 

(2019-01-19)

物流改革の一手、アマゾン・エアーによりフェデックスとUPSは数十億ドルの事業を失う可能性がある
モトリーフール米国本社、2019年1月9日投稿記事より アマゾン(ティッカー:AMZN)は自社の貨物輸送をより多く引き受けるため、フェデックス(ティッカー:FDX)およびUPS(ティッカー:UPS)から数十億ドルの事業を奪う可能性があります。 アマゾンは、貨物航空機の数を50機に拡大しています。 フェデックスとUPSは、アマゾンを将来のライバルとして位置づけています。 アナリストは、現在、ア... 

(2019-01-19)

JR東系の飲食店、来店前にスマホで注文 都内で実験、決済も対応 (日本経済新聞)
 

(2019-01-19)

AIやVRの最新技術は「ショッピング体験」に革命を起こせるか
マンハッタンにあるジャヴィッツ・コンベンション・センターの3フロアに1月13日~15日、小売業界のプロたち約3万7000人が集まった。その目的は、仮想現実(VR)や人工知能(AI)、顔認識などを... 

(2019-01-19)

アマゾンとグーグル、「CES 2019」を制したのはどっち?--米CNET記者が対談
「CES 2019」で最も大きな注目を集めたのはアマゾンとグーグルだった。それぞれの企業を担当する2人の米CNET記者がCESを振り返り、両社のどちらが勝利を収めたのかについて議論する。 

(2019-01-18)

Amazonはなぜ成功したのか――ジェフ・ベゾス氏と同じ道歩む金融系元開発者が語る躍進の秘訣
Amazonが成長した秘訣(ひけつ)の1つには、ジェフ・ベゾス氏の「金融システムの開発者」「アナリスト」という金融経験が大きく影響しているという 

(2019-01-18)

Amazon.com、AIイベント「re:MARS」を6月にラスベガスで開催へ
Amazonが、Machine learning(機械学習)、Automation(自動化)、Robotics(ロボティクス)、Space(宇宙)をテーマにした一般参加可能なイベント「re:MARS」を6月4~7日にラスベガスで開催する。 

(2019-01-18)

アマゾン、「re:MARS」イベントを6月に開催へ
アマゾンが、「re:MARS」という新たなAI関連のイベントを6月に開催することを明らかにした。 

(2019-01-18)

Google、Apple、Facebook、Amazonの頭文字取った『GAFA』、米国で全てやめる人急増か
『GAFA』はグーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンの頭文字を取ったものである 巨大IT4社『GAFA』は急成長を遂げ続けてきたが、徐々に包囲網が築かれつつあるという 米国で「GAFAやめた」という若者が出現、テクノロジーを考え直す人が増えてきたという 

(2019-01-17)

【2018年】負債1000億円の倒産など……通販・訪販企業の倒産件数は66件で過去2番目
東京商工リサーチが2018年の通販・訪販企業の倒産件数を公表 

(2019-01-17)

現金のバラマキが話題の昨今。楽天市場のメルマガはバラマキから「個別化」にシフト【ネッ担まとめ】
ネットショップ担当者が読んでおくべき、20191月7日〜13日のニュース 

(2019-01-16)

eSportsならぬ「AI Sports」リーグをアマゾンが立ち上げ:Amazon re:Invent 2018
Las Vegasで開催されたAmazonの開発者会議、re:Inventを取り上げたいと思います。 昨年春には、Facebookの開発者会議、f8、Googleの開発者会議、Google I/Oのポストを書きましたが、今回re:Inventで発表された内容も例年通りパワフルで想像力を大いに掻き立てられるものでした。 Amazonの、そして近年の技術の進化の早さが実感できるので、ご興味がある... 

(2019-01-16)



≫次のページ