≫次のページ

略語禁止、時間ワープ…イーロン・マスクの「イカれた」経営術
イーロン・マスクは、もはやテスラのCEOを辞めるべきだ。米国中でマスク批判の大合唱が起きている。しかし、マスクと共に働いたことのある人物たちの証言から見えてきたのは、彼の常人離れしたリーダー像だった。 

(2018-09-18)

「生じょうゆは2往復半」大阪の名物うどん店、閉店へ (朝日新聞デジタル)
「うどんにかける生(き)じょうゆは2往復半」。名物店主がユーモアたっぷりに食べ方を指南してくれる大阪・梅田の人気うどん店「梅田はがくれ」が、25日で約30年の歴史に幕を下ろす。閉店を惜しむファンが、… 

(2018-09-18)

LINE、メッセ、WeChat…異なるSNS同士が100言語以上でつながる——「ことつなチャット」開始 (Business Insider Japan)
LINEとFacebookメッセンジャー、WeChatなど、異なるSNS同士でもつながれる。しかも、同時に100言語以上で会話ができるという、一見“夢のような”ツール「kotozna chat(ことつなチャット)」が9月18日にサービスを... 

(2018-09-18)

フリーランチのないアマゾンとアップル、社員は何を食べている?
・アマゾンとアップルは、フリーランチなど食事の無料提供を社員特典として提供していない。 ・食事の無料提供は、シリコンバレーの大手企業では人気の社員特典。だが法律による大幅な規制が動きが出てきている。 ・カリフォルニア州クパチーノにあるアップル本社の食堂は、会社からの大幅な補助を受けて運営されている。... 

(2018-09-18)

ドミノ・ピザ ジャパンは「メールマーケティングあるある」な悩みをどう乗り越えたのか (ITmedia マーケティング)
売り上げの中心がモバイルにシフトする中、ECからの受注率80%という目標を掲げるドミノ・ピザ。現在の取り組みについて聞いた。 

(2018-09-18)

オリックスは「隣へ、そのまた隣へ」の精神で リースの導入から事業の多角化を成功してきた
新しい金融手法の「リース」を日本に導入して以降、常に隣接分野に事業領域を拡大してきたオリックス。どこまでも終わりなく、時代の先を走り続ける同社の“DNA”とは――。オンライン消費者コミュニティの開発・運営を手がけるクオン株式会社の武田隆代表取締役が、オリックス株式会社 執行役兼グループ人事・総務本部長の三上康章氏に、同社の「企業の遺伝子」を聞いた。 

(2018-09-18)

フルグラは3位、越境ECで中国人に人気の日本商品トップ10。1位は意外にも…
日本商品を中国消費者に販売する越境EC「豌豆(ワンドウ)プラットフォーム」を運営するインアゴーラは、越境ECアプリ「豌豆公主」のサービス開始3周年を記念し、8月28日ー30日にセールを実施。福袋の販売や、ユーザー全員へのお年玉のプレゼントを展開し、売り上げは前年比201%増加した。 インアゴーラは「... 

(2018-09-18)

メルカリ山田会長「日本で上手く行って米国で上手く行かない理由は何もない」
やればやるほど面白くなってきている――。『週刊ダイヤモンド』9月22日号の第一特集「新・価格の支配者 メルカリ」の拡大版として、メルカリの幹部たちのインタビューを特別連載でお届けする。3回目は、いよいよ創業者である山田進太郎会長に、人々の消費行動を変えたメルカリの歴史や、フリマアプリの先に目指す未来の姿について聞いた。 

(2018-09-18)

翻訳機としても機能、高い環境認識能力で音を自動調整する「AI補聴器」
AIはどこにいると思われるだろうか。アマゾン・エコーやグーグルホーム、あるいはスマートフォンの中だろうか。あるいはインターネットのクラウドの中だろうか。もし、AIが自分の耳の裏にいるとしたらどう... 

(2018-09-18)

日本農業新聞 - 輸出拡大へ農水省 グローバル産地育成 連携促進を支援 農家と食品業者
日本農業新聞は、国内唯一の日刊農業専門紙です。農政や農家の営農に役立つ技術情報、流通・市況情報に加え、消費者の関心も高い食の安全・安心、農産物直売所、地産地消、食農教育なども取り上げます。国民の暮らしに直結するTPP問題も徹底報道中。 

(2018-09-17)

アマゾンの支援で起業し「年間30万ドル」を稼ぐ方法
アマゾンの業務を請け負い年間30万ドル(約3340万円)の利益を得る──そうしたビジネスを自ら手掛けることについて、あなたはどう思うだろうか。米アマゾン・ドット・コムは今年6月、自社の配送業務を請け負う企業の設立を支援するための計画を明らか・・・ 

(2018-09-17)

アマゾン中国の社員がカスタマーレビューを書き込みしたレビューアーのメアドを売っていたらしい
今日、アマゾン(ティッカーシンボル:AMZN)が急落しています。 ウォールストリート・ジャーナルによるとアマゾン中国の一部社員が同社の内規に違反して顧客のデータや個人情報をアマゾン・マーケットプレースに出店している独立系マーチャンツに情報ブローカーを経由して... 

(2018-09-17)

アマゾン従業員、賄賂受け内部情報を流出か
アマゾンの従業員が、主に仲介業者を通じて機密情報を外部に提供していることが分かった。これらの情報はアマゾンで製品を販売する独立業者にとって強みになる。データの売り込みを受けて購入した販売業者やデータを提供する仲介業者、内部調査に詳し... 

(2018-09-17)

新聞は不要でも「新聞紙」は需要あり? アマゾンで出品され人気「引っ越しの際に便利でした」「インコのために買った」
最近は、ネットでニュースを読めるので新聞を取っていないという家庭も多いだろう。しかし、「新聞紙」の需要は未だにあるようで、アマゾンで売られている「印刷前の更紙の新聞紙」が話題になっている。印刷前の更紙は、10キロで2480円。商品説明欄では、インク移りがないため使用しやすいこと、梱包時に使用しても生活感が出ないことなどが利点として挙げられている。「インクが付いていないので躊躇せずに食器も包め... 

(2018-09-17)

アマゾン、一部従業員が顧客データ横流しか 規則違反で内部調査
【9月17日 AFP】米アマゾン・ドットコム(Amazon.com)が、自社の一部従業員が秘密の顧客データをサードパーティーの企業に売り渡している疑惑について、社内で調査を進めていることが16日分かった。 

(2018-09-17)

【独自】ドンキがプライベートブランドで「ユニクロに勝つ」方法
「ルイ・ヴィトン」のバッグから、メーカーの在庫処分品まで。ドンキの店頭には、ありとあらゆる商品が陳列されている。その幅広い商品や、独特の陳列によってドンキは小売業で異色の存在感を放ち、アマゾンな... 

(2018-09-17)

電子書籍の購入先、一作ずつ購入の1位は「Kindle」、定額制の読み放題サービス1位は「dマガジン」
MMD研究所は、「2018年8月 電子書籍の利用に関する調査」を実施しました。 2018年8月17日から21日の期間で、全国の男女2,093人を対象に、電子書籍の利用経験や、利用したことのある電子書籍ストア・アプリ、読み放題サービスについて聴取しています。利用サービスの違いなど、男女別の傾向も調査しました。詳細は以下のとおりです。 【調査結果サマリー】 ■ 電子書籍の利用経験は44.7% 男... 

(2018-09-16)

【独占】ドンキPBトップが語る「価格よりも大切なもの」
「ルイ・ヴィトン」のバッグから、メーカーの在庫処分品まで。ドンキの店頭には、ありとあらゆる商品が陳列されている。その幅広い商品や、独特の陳列によってドンキは小売業で異色の存在感を放ち、アマゾンな... 

(2018-09-16)

Amazon職員が休みをもらえず逆上 倉庫に放火し被害総額10億円超(英)
職員に過重労働を強いることで悪評が絶えないAmazonだが、昨年11月に上司に休みを取ることを却下された職… 

(2018-09-15)

北海道地震の停電で「完全電子マネー派」絶望、キャッシュレス決済普及に向けた課題
北海道地震に伴う大規模停電で、コンビニなど店舗のキャッシュレス決済が使えず、電子マネーに頼る消費者が... 

(2018-09-15)

ジョブズも顔負け? 新商品発表会のチケットが売れる中国スマホメーカー「Smartisan」
一度、消費者の支持を集めれば、億単位の顧客を獲得できる中国市場では、スマホ業界でもサムスンやアップルを脅かす国内メーカーが複数存在している。そんな中、「Smartisan(錘子科技)」というスター… 

(2018-09-15)

破天荒フェニックス 直筆サイン&メガネ割引券付きスペシャルパッケージ (HATENKO SHOP(破天荒ショップ))
破天荒フェニックスに著者 田中修治のサインはもちろん、本書に登場するCFO奥野、海山タケシのサインを入れ、さらに全国のOWNDAYSで使える2000円引き券をつけたスペシャルパッケージ。 

(2018-09-15)

朝ドラ扇風機、ネットで話題に=新興家電のバルミューダが開発
NHKの朝の連続テレビ小説「半分、青い。」で、主人公が開発に取り組む「そよ風の扇風機」がインターネット上で話題となっている。モデルとなったのは、新興家電メーカー、バルミューダ(東京)の「グリー... 

(2018-09-15)

【小売業の未来】カギを握るのはインスタ映えする「ミュージアム」
「ミュージアム・オブ・アイスクリーム」では、ブランコは四角いビスケットで挟んだアイスクリームの形をしているし、プールには水の代わりにアイスのトッピングに使うチョコスプレーが入っているし、シーソー... 

(2018-09-15)

マーケティング用語集 バンドワゴン効果、スノッブ効果、ヴェブレン効果 - J-marketing.net produced by JMR生活総合研究所
バンドワゴン効果は他者の消費が増えるほど需要が増加する現象、スノッブ効果はバンドワゴン効果とは反対に他者の消費が増えるほど需要が減少する現象、ヴェブレン効果は価格が高いほど顕示的消費が増加する現象を表します。 

(2018-09-14)

アマゾン、第2本社の新設地を年内発表=ベゾスCEO
[ワシントン 13日 ロイター] - 米アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>のジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)は13日、「第2本社」の新設場所を年内に発表すると明らかにした。 

(2018-09-14)

絶版本も買える。必要なときだけ製本するアマゾンの「プリント・オン・デマンド」の仕組み
アマゾンジャパンは、書籍事業において、「プリント・オン・デマンド(POD)」サービスを提供している。PODサービスは、注文に応じて、書籍を印刷、製本、出荷するサービスで、出版社やユーザーの注文に応じて、絶版本や希少本、特注本、個人著者による本などを、1冊から印刷し、製本することができる。日本では、千葉県市川市に印刷、製本を行なう拠点がある。現場を訪れて、PODサービスの流れを追った。 

(2018-09-13)

"ダメ出し"からヒット誕生<顧客の声に向き合う>
消費者目線の商品開発を行う上で、欠かすことができない材料となるのが企業に寄せられる顧客からの声だ。中には既存のサービス・商品に対する厳しい指摘や不満といったネガティブな意見も多いだろう。しかし、そうした声を正しく消化することで、人気商品の開発ヒントにつなげることができた事例もある。通販企業にとってはサイトやSNS、アプリ、電話など様々なチャネルを通じて顧客と密接なコミュニケーションが取れる時代となっている。顧客の不満と正し... 

(2018-09-13)

榮太樓總本舗 機能性おやつを強化、のど飴を早大と共同開発
 和菓子の製造販売を行う榮太樓總本舗は、機能性おやつの取扱いを強化している。早稲田大学との共同開発を行い、9月10日から紅茶ポリフェノールを配合したのど飴を発売した。おいしく食べながら健康を維持することを提案し、顧客の選択肢を広げたい考え。 発売したのど飴は「紅茶博士のテアフラビン喉飴」。1袋で10・32ミリグラムのテアフラビンを含有した。"イガイガする"といった喉の不快感に備えるというコンセプトで訴求する。 紅茶葉から抽出... 

(2018-09-13)

再春館製薬所 顧客・社員の"聴こえ"改善へ、「聴覚」に優しいコールセンター構築へ
 再春館製薬所が「聴覚」に優しいコールセンター構築を目指す。会話支援システムの開発・販売を行うユニバーサル・サウンドデザインと、システムの共同開発に向けた業務提携を締結。コミュニケーターの"聴こえ"を改善することで、電話によるコミュニケーションで感じるストレスを軽減する。接客力の向上など顧客との関係強化にもつなげる。会話支援システム、独自開発へ グループの再春館システムと3社共同で取り組むもの。今年11月をめどに試作機を自社... 

(2018-09-13)

国交省調査17年度宅配便数 トラックのみで初の40億台、「ゆうパック」が20%のシェア
 国土交通省が9月7日に発表した2017年度の宅配便の取扱実績は、前年度比5・8%増の42億5133万個となった。うちトラック運送によるものは同5・9%増の42億1164万5000個で、トラック運送のみでは初めて40億個を超えた。大手3社のシェア(トラック運送)はヤマト運輸が荷受量を抑制する総量規制を行っていることから、ヤマト運輸の「宅急便」が43・6%(前年度46・9%)となり、佐川急便の「飛脚宅配便」が前年度並みの30... 

(2018-09-13)

「カラーミーショップ大賞2018」 大賞は「わざわざ」
 GMOペパボは9月11日、展開する通販サイト構築サービス「カラーミーショップ」を利用した優秀サイトを表彰する「カラーミーショップ大賞2018」の授賞式を都内で開催し、4万5000店の中から最も優秀な通販サイトを表彰する今回の"大賞"には、前々回、前回に優秀賞を受賞したわざわざ(本社・長野県東御市、平田はる香代表)が運営する手作りのパンとこだわり雑貨の通販サイト「パンと日用品の店 わざわざ」が選出された。 大賞を受賞した「パ... 

(2018-09-13)

サン・クロレラ 専用デバイスを家庭に設置、飲用通知・見守り機能でサポート
 健康食品の製造・販売を行うサン・クロレラが専用デバイスを使い、商品の継続利用を促す取り組みを始めている。デバイスを通じて商品の「飲用通知」を行うだけでなく、家族への「見守り通知」、顧客フォローまで行うもの。同様のサービスを展開する企業はまだ少ないとみられる。今年7月から提供を開始。近い将来、1万台の導入を目指している。 新サービスは、「oneness(ワンネス)」。月額3700円(税抜)で専用タブレットとディスペンサー(... 

(2018-09-13)

アマゾンジャパン「『アマゾンビジネス』開始から1年」 法人向けECに手応え、売上・客数は「予想通り」
 「売り上げ、顧客数ともに当初の予想通り、順調に伸びている」。アマゾンジャパンは昨年9月20日からスタートさせた企業のオフィスや工場、病院などで使用される各種の消耗品などを販売する法人・個人事業主向けのネット販売「アマゾンビジネス」の現状について明らかにした。同社によると2015年から同事業をスタートさせた米国を中心に現在、8カ国で展開中の「アマゾンビジネス」の顧客数および売上高は8カ国合計で「数百万社、100億ドル超... 

(2018-09-13)

定期購入型サービス(サブスクリプション)に関する消費者意識調査【ECのミカタリサーチ】
今回のテーマについて考えるにあたっては、実際にどれくらいの人がインターネットを利用した定期購入型のサービスを利用したことがあるのかということを知っておかなければなりません。そこで、最初にジャンルを問わず定期購入型サービスを利用したことがあるかどうかを聞いてみました。 | ECのミカタは、ネットショップ運営を支援するネットショップ専門のポータルサイトです。 

(2018-09-13)

みなさんのあまり知らないアマゾンの事実を伝えよう 成毛眞氏が自書『amazon 世界最先端の戦略がわかる』を語る
成毛眞氏が、「アマゾンがどんなことをしているのか」という事実に絞った書籍『amazon 世界最先端の戦略がわかる』を出版した。本書を基に、アマゾンという企業がどういうことを行っているかを講演会で解説した。 

(2018-09-13)

AmazonがAbemaTVのようなライブストリーミング事業を準備中?ーー広告ビジネスの期待感、新たな人材を募集中
ピックアップ:Amazon is quietly plotting to dominate live TV via Quartz ニュースサマリ:Am... 投稿 AmazonがAbemaTVのようなライブストリーミング事業を準備中?ーー広告ビジネスの期待感、新たな人材を募集中 は THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) に最初に表示されました。 

(2018-09-13)

【倒産ルポ】5年で売上高25倍。通販会社が隠した「異常な」実態
スルガ銀行のトップ辞任にまで発展したシェアハウス、スマートデイズ。6500人以上の被害者を出し、被害総額は2000億円にものぼる、ネットワークビジネスのジャパンライフ。今年に入り、大型の倒産を契... 

(2018-09-13)

米アマゾンの商品検索でスポンサープロダクトの表示が増えているとの指摘
アマゾンの米国向けウェブサイトで、商品の検索結果ページにますますスポンサープロダクトが表示されるようになっていると、Recodeが指摘している。 

(2018-09-12)

日本のサラリーマン経営者がAmazonやAppleに勝てぬ当然の理由
かつては世界をリードしていたものの、今やすっかり凋落した観のある日本企業。取って代わるように躍進したアップルやアマゾンといった企業との差はますます開くばかりです。なぜこのような事態に陥ってしまったのでしょうか。世界的エンジニアでアメリカ在住の中島聡さんが、自身 

(2018-09-12)

「なぜ売れるか分からない」 ドンキ化したファミマの人気商品に幹部が困惑 (ITmedia ビジネスオンライン)
ドン・キホーテのノウハウを取り入れた共同実験店が6月にオープンした。店舗の売れ筋商品を分析したところ、ある商品が上位に食い込んだ。ファミマの幹部は「なぜ売れるのか分からない」と原因を分析しきれていな... 

(2018-09-12)

「アマゾンビジネス」日本上陸から1年--キーマンが語る手応え
アマゾンジャパンの法人向けECサービス「アマゾンビジネス」が2017年9月20日に日本に上陸してから、間もなく1年が経とうとしている。企業向けのオフィス用品だけでなく、大学や病院向けの消耗品なども揃えた豊富な商品数や、請求書払いなど日本の商習慣にあわせた機能を強みにしていたが、その手応えはどうか。 

(2018-09-12)

自転車専門通販サイト「cyma-サイマ-」が独自ドメインのECサイトだけで年商20億円を達成した理由
ネット通販への参入から4年で年商20億円を超えた自転車専門のECサイト「cyma-サイマ-」。独自ドメインのECサイトのみで売り上げを急速に伸ばした秘訣(ひけつ)とは? 

(2018-09-12)

「楽天市場」出店者の一部荷物、楽天が自社配送スタート
楽天は9月10日、都内などで展開している自社配送サービス「Rakuten-EXPRESS」の対象を「楽天市場」の出店店舗にも拡大した。 

(2018-09-11)

3作品連続で映画化――ヒットを裏で支えた、敏腕編集者の企画術 (CAREER HACK)
映画化された『僕は妹に恋をする』『カノジョは嘘を愛しすぎてる』など、マンガ家・青木琴美のヒット作を裏で支えた、敏腕編集者 畑中雅美。彼女が語った企画の極意、それは「目利きになること」だった。 

(2018-09-11)

ニッポンレンタカー、有人による24時間営業を全店舗で終了 働き方改革の一環 (ねとらぼ)
代わりにカーシェアリングサービスの提供を順次進め、サービスを補完するとのことです。 

(2018-09-11)

焦点:アマゾンが狙うチリの星空、天文データを通販に応用も
Cassandra Garrison 

(2018-09-11)

【流通革新】アマゾンより早く。生鮮郵便局が農家を救う
日本では、長らく農産物の流通ルートが固定化されてきた。現在、生産される野菜の76%、果物の47%が農協などの出荷団体、卸売市場、スーパーなどの小売業者という順路で出荷されている(東京卸売市場の調... 

(2018-09-11)

ハロウィーン商戦スタート! TDLは新パレード 菓子各社も限定商品投入 (産経ニュース)
10月31日のハロウィーンに向け、関連商戦が本格化し始めた。オリエンタルランドは10日、東京ディズニーリゾート(TDR、千葉県浦安市)で11日スタートするハロウィーンプログラムを報道陣に公開。食品... 

(2018-09-10)

ローソン銀行が発足、キャッシュレス決済にも注力 (Engadget 日本版)
ローソン銀行がきょう発足しました。一般向けサービスは10月15日に開始します。 当初は個人と法人を対象とする預金口座(普通・定期)に加え、インターネットバンキングサービスを提供。また、ローソンでの買い物... 

(2018-09-10)



≫次のページ